• 運転資金では借入は要注意

設立当初は売上がなく、給料の支払いにも窮することになるかと思います。

 

しかし、だからと言って人件費として1年分借りようとしても借りられません。

 

遅くとも半年後には軌道に乗るような計画が必要になります。

 

事業計画とともに設備投資、仕入れなどを精緻に計画していきましょう。

 

また、見積書や発注書がある場合は添付しましょう。

 

(2)必要な資金と調達資金の記載例

日本政策金融公庫に業種別に記載例がありますのでいくつかご紹介します。

 

  • 洋風居酒屋

設備投資

・店舗内外装工事 〇〇社 500万円

・厨房機器 〇×社 200万円

・什器、備品 △△社 150万円

・保証金 120万円

 

運転資金

・仕入れ 90万円

・広告費等の諸経費支払 140万円

 

自己資金 300万円

 

親、兄弟、知人、友人等からの借入

・父 200万円(元金2万円×100回無利息返済)

 

日本政策金融公庫からの借入

・700万円(元金10万円×70回、年〇%)

 

(ロ)美容業

設備投資

・店舗内外装工事 〇〇社 600万円

・セット椅子3台 ××社 30万円

・シャンプー台2台 ××社 40万円

・什器、備品類 ××社 100万円

・保証金 100万円

 

運転資金

・消耗品等仕入れ 30万円

・広告費等の諸経費支払 100万円

 

自己資金 300万円

 

日本政策金融公庫からの借入

・500万円(元金7万円×72回、年〇%)

 

他の金融機関からの借入

・〇〇信用金庫 200万円(元金3万円×67回、年〇%)

 

(ハ)ソフトウエア開発業

設備投資

・パソコン、サーバー等一式 〇〇社 500万円

・事務機器 〇×社 70万円

・備品類 △△社 20万円

・保証金 100万円

 

運転資金

・外注費支払 270万円

・諸経費支払 590万円(システム開発につき最短でも3か月かかるため、つなぎ資金が必要)

 

自己資金 550万円

 

日本政策金融公庫からの借入

・500万円(元金6万円×84回、年〇%)

 

他の金融機関からの借入

・〇〇銀行 500万円(元金6万円×84回、年〇%)

 

 

(ニ)内装工事業

設備投資

・車両(ワゴン車) 2台 〇〇社 300万円

・工具一式 2セット 〇×社 200万円

・事務機器、備品 △△社 50万円

・保証金 90万円

 

運転資金

・材料仕入れ 100万円

・外注費支払 100万円

 

自己資金 340万円

 

日本政策金融公庫からの借入

・500万円(元金6万円×84回、年〇%)

 

 

(ホ)歯科診療所

設備投資

・診療所内外装工事 〇〇社 500万円

・診療設備 〇×社 1,000万円

・什器、備品類 △△社 100万円

・保証金 100万円

 

運転資金

・材料仕入れ、外注費支払 150万円

・人件費支払 150万円

 

自己資金 700万円

 

日本政策金融公庫からの借入

・1,000万円(元金12万円×84回、年〇%)

 

他の金融機関からの借入

・〇〇信用金庫 300万円(元金5万円×60回、年〇%)

 

 

(ヘ)介護サービス

設備投資

・施設内装工事 〇〇社 500万円

・車両購入 〇×社 150万円

・什器、備品類 △△社 100万円

・敷金、保証金 90万円

 

運転資金

・人件費支払 400万円

・広告宣伝費等諸経費支払 150万円

 

自己資金 390万円

 

日本政策金融公庫からの借入

・700万円(元金8万円×88回、年〇%)

 

他の金融機関からの借入

・〇〇銀行 300万円(元金5万円×60回、年〇%)